活動事例

ヘルスツーリズムの活動をいくつかご紹介します。

和歌山県 熊野古道(田辺市本宮町ほか熊野地域)

世界遺産である熊野古道や、温泉、地元食材など地域資源を活用し「健康と学び」の滞在型プログラムを提供している。和歌山県世界遺産センターによる熊野レクチャーなど学びの要素も加え、“歩き、学び、遊び、ふれあい、健康になる”「熊野セラピー(熊野地形療法)」が楽しめる。

写真

熊野古道健康ウォーキング
熊野の自然・文化に触れながら五感を刺激し、自然治癒力を高める楽しいウォーキングスタイル。熊野セラピスト(健康インストラクター)が語り部とともに御案内します。

写真

熊野セラピー
熊野の自然、文化、歴史に触れ、滞在を通して心と体のメンテナンスを行う。ウォーキングをメインコンテンツに、清流や森の中での瞑想、温泉、地域のもてなしイベントなどが楽しめるプログラム。

大分県別府市のオンパク(別府八湯温泉泊覧会)

オンパクとは、別府八湯地域において温泉を核とし、ウェルネス産業を起こすことを目的としたプログラム。癒し、健康、エコツーリズムなどをテーマに地域資源を活用した体験型プログラムを設け、集客・交流を促進している。

テーマ まちの原石が きらめき 色めく
実施月日 2009年5月8日(金)〜31日(日)
入場者数など 延べ24,000人(1,000人/日)

▼2009年の様子

写真

散策:絶景の日の出ウォーク

写真

エコ:森林浴おでかけツアー

新潟県 越後薬膳ツーリズム

新潟県には、自生する500種類以上の薬草が見られます。その自生している薬草の観察や、豊富な薬草を地域食材と組み合わせた薬膳料理、お茶作りや香りを楽しんだり、また歴史文化・温泉などを利用した、いわば自然と観光と健康を融合させたもの、それが越後薬膳ツーリズムです。薬草を利用したお土産品も提供しております。

<新潟県が進める健康ビジネス連峰政策の補助事業(H18)を活用し構築>

写真

観察した薬草を使った薬膳料理。

写真

薬草を利用して、自分にあったお茶や、香、入浴剤を作る。

*ヘルスツーリズムの定義はこちら

ヘルスツーリズムとは
  • 活動事例
  • 講演・ワークショップ・セミナー開催のご案内
  • *

会員を募集しています

ヘルスツーリズム情報

ヘルスツーリズム大賞募集中!